ノロウイルスは消毒で予防できる?

ノロウイルスは消毒で予防できる?

秋から春にかけて流行るノロウイルス感染症ですが、新型コロナウイルス感染症が拡大しアルコール消毒が習慣化してきていますが、ノロウイルスにアルコール消毒は有効なのでしょうか?

もしくはノロウイルスに有効な消毒方法はあるのでしょうか?調べてみました。

アルコール消毒

新型コロナウイルス感染症にはアルコール消毒は有効ですが、ノロウイルスにはアルコール消毒はあまり有効ではありません。アルコールはすべての菌に有効なわけではありません。

ノロウイルスに有効な消毒剤は次亜塩素酸ナトリウムです。市販品ではハイター、ブリーチなどといった塩素系漂白剤です。ワイドハイター、ブライトなどといった酸素系漂白剤では効果はありません。

家庭用塩素系漂白剤であるハイター、ブリーチなどの濃度は約5%です。

便や嘔吐物が付着した床やオムツは0.1%の濃度が必要になってきます。ということは原液の濃度が5%ですから希釈倍率50倍で、1リットルの水に20ミリリットルを加えて作ります。

便や嘔吐物を拭き取った後は、0.1%に薄めた消毒液でまんべんなく拭き取りますが、拭き取りの際はトイレットペーパーで拭き取ってトイレに流すか、ペーパータオルなどの使い捨てのもの使い、周りには触れないようにしてビニール袋などで密閉して燃えるごみに捨ててください。バケツで雑巾を洗うことはしないで下さい。0.1%に薄めた消毒液でまんべんなく拭き取った後は水拭きをします。

衣服や器具などの浸け置きやトイレの便座やドアノブ、手すり、床などの清掃には0.02%の濃度が必要になってきます。ということは原液の濃度が5%ですから希釈倍率250倍で、1リットルの水に4ミリリットルを加えて作ります。

可能であれば廃棄処分が望ましいのですが、不可能な場合は便や嘔吐物で汚れたものは他と分けて洗濯します。
洗濯用洗剤を使い洗濯機で10分以上洗い、流水すすぎを8分以上して下さい。
汚れを十分に落とした後は0.02%に薄めた消毒液に30分間つけ置きします。
つけ置き後はすすぎ、乾燥してください

といった具合に次亜塩素酸ナトリウムの取扱いは面倒で気を使います。

そこでオススメなのは株式会社TSCのグレプルという製品です。

株式会社TSCのグレプル

グレプルはグレープフルーツを使った食品由来の安全性も高く、効力を高めたアルコール除菌剤です。食品添加物なので食品にも使えます。

一般のアルコール製剤はアルコールが揮発するとすぐ除菌効果もなくなりますが、グレプルの抗菌効果は24時間以上持続します。

一般のアルコール製剤はノロウイルスにはあまり効きませんが、グレプルは検証の結果高い効果が期待できます。またコロナウイルスでも効果が確認されていて、高い効果が期待できます。

ノロウイルスは、乳幼児から高齢者まで、多くの年齢層で急性胃腸炎を引き起こし下痢や嘔吐の症状がでます。特に乳幼児や高齢者は重症化しやすいと言われています。

保育園、老人介護施設など幼児や高齢者の集団生活の場で発生した場合、大変な事になりかねません。そこで普段からグレプルのようなアルコール製剤で除菌をすることをオススメします。

グレプルはウイルスだけでなく細菌まで幅広い菌に効く優れものです。

まとめ

いかがでしたか?
今回ノロウイルスにアルコール消毒は有効なのか、また有効な消毒方法はあるのかということについて調べた結果

ノロウイルスにはアルコール消毒はあまり有効ではない

ノロウイルスに有効な消毒剤は次亜塩素酸ナトリウムである
が、次亜塩素酸ナトリウムの取扱いは面倒で気を使う

そこでオススメは株式会社TSCの「グレプル」という製品である

「グレプル」は効力を高めたアルコール除菌剤でインフルエンザウイルスや、今流行中のコロナウイルスにも有効である

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログに戻る