ノロウイルス感染症の予防法

ノロウイルス感染症の予防法

11月頃から3月頃まで流行るノロウイルス感染症、もっとも一般的な胃腸炎の原因です。

感染症とは細菌やウイルスなどの病原体が⼈間の体内に侵⼊することによって起きる病気です。

もともと⼈の身体は、そんな病原体に対する免疫⼒が備わっているのですが、ストレス、睡眠不⾜、⽣活習慣の乱れなどで 免疫⼒が下がっている時は、発熱や下痢などを発症する場合があります。このような状態を「感染症」と呼びます。

ノロウイルス感染症の主な感染経路には経口感染、接触感染、空気感染、飛沫感染がありますがではその予防法はどういった物があるのでしょうか?調べてみました。

一次感染の予防法

ノロウイルスに汚染されて感染源になりやすい牡蠣などの二枚貝を生で食べると経口感染の恐れがあります。よって牡蠣などの二枚貝を食べる時は、中までしっかり1分間85度で加熱して、ウイルスを死滅させれば食べても問題ありません。

ただ調理する人がノロウイルスに感染していて、ウイルスが手に付着しているときは、加熱したあとの食材にノロウイルスが付着することがあるのでそこは十分気をつけましょう。

また調理場や調理器具など共有で使用する箇所では、消毒剤などを使ってウイルス除去を行いましょう。

調理器具や調理台を消毒する時は、0.02%濃度の消毒液を使います。次亜塩素酸ナトリウムで出来ている市販の家庭用塩素漂白剤のハイターやブリーチなどが消毒薬として有効です。

ハイターやブリーチの原液の濃度は約5%ですから、500mlの水に対して2ml入れて作ります。

原液は濃度が濃いので取扱いには注意が必要です。

そんな時は効力を高めたアルコール除菌剤なら手軽に使えます。

アルコール除菌剤なら食品由来で安全性も高く、食品添加物で食品にも使える株式会社TSCの「グレプル」という製品がオススメです。

二次感染の予防法

手についたノロウイルスを取り除くためには、石鹸を使い水でキレイに洗うことが有効です。ノロウイルスは水で洗い流すことができます。手全体をこすりあわせしてしっかり洗い流してください。

またノロウイルスに対する感染対策としては、ウイルスを口に入れないことが最も重要なので、普段から帰宅時に正しい手洗い・うがい、食事前やトイレの後には正しい手洗いを行うように心がけましょう。

ノロウイルスに感染した人の便や嘔吐物にはウイルスが大量に含まれていて、乾いてしまうと空中に浮かびただようことで空気感染を起こします。処理するときはノロウイルスに効果のある消毒剤・除菌剤(「グレプル」など)でウイルス除去すると共に便が乾いてしまう前に取り除くことがポイントです

ノロウイルスに対する感染対策としては、ウイルスを口から侵入させないことが最も重要です。ウイルスを口から侵入させないための有効な手段は主に3つあります。

ひとつは、帰宅時や食事の前、トイレの後はしっかり手洗い・消毒をすることで
次は、うがいでしっかり予防すること。
最後は、感染拡大防止のため調理器具や調理台を洗浄・除菌することです。


まとめ

いかがでしたか?

今回ノロウイルス感染症の予防法について調べた結果

一次感染を予防するにはノロウイルスを保有しやすい二枚貝は、生で食べるのを避け中までしっかり火を通して食べること

二次感染を予防するには感染者の便や嘔吐物を処理するときは、ビニール製の手袋を着用し、直接触れないようにすること

ノロウイルスに効果のある消毒剤・除菌剤でウイルス除去すると共に、吐しゃ物や糞便が乾燥する前に取り除くこと

ノロウイルスを口に入れない有効手段は手洗い・消毒、うがい、洗浄・除菌の3つ

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログに戻る