ニトリル手袋はどんなところで使われているか

ニトリル手袋はどんなところで使われているか

作業時の手や商品を守るために使う、使い捨ての手袋。
色々ありますが、その材質から特性、また値段まで様々です。

その中でもいろいろな業種で使われている人気のニトリル手袋ですが、ではニトリル手袋はどんなところで使われているのでしょうか?調べてみました。

ニトリル手袋

ニトリル手袋とはどういう物かというと、使い捨て手袋にはいろいろな種類の手袋があります。その中でゴム手袋といえば、ニトリル手袋とラッテクス手袋です。

ラッテクス手袋というのは天然ゴム・ラッテクスから出来ています。ニトリル手袋というのは、合成ゴム・ニトリルから出来ています。

ニトリル手袋は耐油性、耐薬品性、耐摩耗性、突き刺し強度にとても優れていて、耐熱性、耐寒性にも優れています。また天然ゴムを使っていないのでラテックスアレルギーにもなりません。

食品、添加物等の規格基準で定められた、食品の安全性を確保する基準の「食品衛生法」というものがあり、プラスチック手袋のように熱いものに触れると、わずかでも手袋が溶けてしまうものは基準に適していませんがニトリル手袋は基準に適しています。

プラスチック手袋は熱い物を触ると溶け、その状態で食品を触ると、溶け出したフタル酸エステルという成分が付着し、それを口に含んでしまうと人体に害を及ぼす可能性が有るのです。


使われている場所
自動車、航空機、機械などのメンテナンスやビルメンテナンス
ニトリル手袋は耐油、耐薬品性にも優れており、油やケミカルの皮膚への浸透を低く、ソフトでフィット感があり、工具やねじ、ナットなどがつかみやすく、作業への疲労感を軽減します。

精密作業・分析研究・機械作業・油を使う作業
ニトリル手袋は耐薬品性、耐油性に優れていて、薄手でフィット性が高く、柔らかな使い心地で細かな作業に適しています。

食品加工・食品スーパー・給食センター
ニトリル手袋は耐油・耐薬品性に優れ、優しく疲れないフィット感を実現し、食品汚染や感染防止等の衛生面を求める方にも最適で、抜群のフィット性と柔軟性を兼ね備えた疲れにくい手袋です。

精密・弱電部品の取り扱い
ニトリル手袋は油、薬品に強く、耐摩耗性に優れていて、指先感覚が自然で細かな作業に適しています。

油類に触れる作業
ニトリル手袋は天然ゴム手袋や塩ビ手袋に比べて耐摩耗・耐油・耐薬品性に優れていて、突き刺しや引っ掻きにも強いので、油や薬品を伴う金属類の取り扱いに最適です。

分析研究・機械作業。・油を使う作業
ニトリル手袋は耐薬品性、耐油性に優れていて、薄手でフィット性が高く、柔らかな使い心地で、細かな作業に適しています。

食品調理、介護ケア、精密な作業
ニトリル手袋は耐油・耐薬品性に優れ、優しく疲れないフィット感で、食品汚染や感染防止等の衛生面を求める方にも最適です。

病院や介護現場
ニトリル手袋は指先はもちろん、手全体にやさしくフィットし素手感覚で使えるので、採血等医療現場や歯科医での利用、理化検査、衛生面からの介護にも適しています。
天然ゴムを一切使用していないため、ラテックスアレルギーの心配もありません。

食肉加工、水産加工
ニトリル手袋は突き刺し強度、耐薬品性、耐油性等に優れていて、やわらかな素材で手が疲れにくく、細かい作業にも最適で、特にしなやかな手触りが特徴で素手感覚にて作業が可能です

まとめ

今回ニトリル手袋はどんなところで使われているのか調べた結果

ニトリル手袋はその特性から何かに限定されず、いろんなところで使われていることが分りました。

これからもいろいろな作業現場で作業をする上で、手と品物を守るために上手に使っていきたいですね。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログに戻る