ニトリル手袋の代替は?

ニトリル手袋の代替は?

作業をする時に手と品物を守るために使われている使い捨て手袋。色々ありますがその中にニトリル手袋という合成ゴムで出来たものがあります。

天然ゴムや塩化ビニル製の手袋に比べ比較的熱に強く、耐久性もあることから食品加工工場から医療現場までいろんなところで使われています。

使い捨ての手袋にはニトリル手袋の他に天然ゴムで出来たラテックス手袋、ポリエチレン手袋、塩化ビニル手袋(PVC手袋、プラスチックグローブ)、TPE手袋などがあります。

そこで今回はニトリル手袋は一般的にはどんな場合に使われていて、そのニトリル手袋ではなくて代替えとして使われている手袋について調べてみました。

代替として使われている手袋

ラテックス手袋
天然のゴムのラテックスで出来ている手袋で伸縮性に優れ、指先にぴったり合うので細かい作業をする時に向いています。にぎる力に優れツルツルとしたフィルムや食器などの材質も、しっかりつかめます。

ニトリル手袋は耐熱性、伸縮性、作業性にもかなり優れていますが、高額なのでコストがかかります。なので伸縮性、作業性にとても優れていて、耐熱性、突き刺し強度にもかなり優れていて価格は普通のラテックス手袋は代替えとしてもよく使われています。

ただし天然ゴムなのでまれにアレルギー反応を起こす人もいますので、注意しましょう。


ポリエチレン手袋
手にぴったり合うという感じや強度はないのですが、着け外しが容易で短い時間の軽作業や食品の盛り付けなどに良く使われています。とても安い値段の使い捨て手袋です。

手にぴったり合うように手袋を絞ってみたり、食材を付着しにくく細かい凹凸を手袋の表面につけたエンボスにしてみたり、バリエーションも沢山あります。

価格的に上のニトリル手袋とすると、ポリエチレン手袋は値段は低額です。耐久性はそこそこ優れているので耐久性をいかした場面での代替えには安価ですみます。


塩化ビニル手袋
プラスチックグローブ手袋やビニール手袋ともいわれていて、指先にぴったり合い、油や薬品などへの耐性にも優れ幅広く使えます。ラテックス手袋やニトリル手袋とすると値段は低いです。

ただ塩化ビニル手袋は、食品衛生法に適合のものと、そうでないものがあり、食品衛生法適合商品が調理時の使用が可能なので食品加工で使用するものは、食品衛生法適合の手袋を使わなければなりません。

プラスチックグローブ手袋は食品衛生法適合商品ではないですが、着けたままで感熱式タッチパネルの使用ができるし値段も安く、スーパーのレジや介護施設でも多く使われています。また食品の調理以外での使用時にもよく使われます。


TPE手袋
TPEとは、サーモプラスチックエラストマーのことで、外見はポリ手袋とよく似ていて、伸縮性はゴム手袋のようであり、指先にぴったり合いやすいです。ニトリル手袋とポリ手袋の中間位の作業性と経済性です。
値段的にも安くニトリル手袋の代替品として利用されてきています。


ニトリル手袋に完全に見合う代替品というものは難しいですが、現場に合わせて簡単な作業の場合はポリエチレン手袋を使うとか、指先を使う所ではTPE手袋を使うとか、食品加工場のレジまわりや清掃などの作業には塩化ビニル手袋などを使うとかという風に代替品にすることで、ニトリル手袋を使うのを最小限にすることができます。

まとめ

今回ニトリル手袋の代替えについて調べた結果
ニトリル手袋の完璧な代替品というものはない

使い捨て手袋にはいろいろな手袋があるので、手袋の特長や材質、コストの面によって現場に合った手袋を選んで、上手に使い捨て手袋を利用しましょう。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログに戻る