ニトリル手袋とゴム手袋の違い

ニトリル手袋とゴム手袋の違い

普段の生活においても、自宅でも掃除をする時や食品を扱うときなど使い捨て手袋は重宝しますよね。

もちろん職場でも業種によってはいろいろな使い捨て手袋を使っているところは多いと思います。

使い捨て手袋にもいろんな種類のものがあります。材質の違い、どんな作業に適しているか、またコスト面でも良いか悪いかなど、それらを踏まえてこの場合はどの手袋がいいとか、この作業ではこの手袋を使おうとか。

そんな使い捨て手袋の中でよく間違われやすいニトリル手袋とゴム手袋の違いについて、今回は調べてみました。

ニトリル手袋とゴム手袋の違い

ニトリル手袋とは、ニトリルゴムという石油系の合成ゴムで作られた使い捨ての手袋です。 ニトリル手袋のことをゴム手袋と思ってる人もいますが、ニトリル手袋の素材は合成ゴムです。

ゴム手袋とは天然ゴムで作られたラテックス手袋のことをいいます。ですからニトリル手袋とゴム手袋は違うものなのです。ただ使い捨て手袋の中ではニトリル手袋もゴム手袋の分類に入りますが、一般的に言うゴム手袋とは天然ゴムで出来たラテックス手袋のことで、合成ゴムで出来たニトリル手袋はニトリル手袋といい、ゴム手袋とはいいません。

何故ここでゴム手袋についてかにこだわるかと言いますと、一般的にゴム手袋といわれる天然ゴムで出来たラテックス手袋ですが近年ラテックス手袋を長時間使用することでゴムアレルギー症状がでる人が増えてきているからです。

ニトリル手袋は天然ゴムアレルギーでラテックス手袋の苦手な方への代替品として利用されはじめています。ですからニトリル手袋をゴム手袋と勘違いしては大変困るということなのです。

ニトリル手袋は油や薬品に強く、強度のある万能タイプの手袋で、手にピッタリフィットし素手感覚で使いやすいです。耐油性、耐摩耗性にも優れていますし、食品にも使用できます。

油や機械を扱う作業、石油を扱う作業、ペンキ・スプレー塗装、化学実験などを行う人から食品加工や食品の盛り付けや医療一般作業や清掃業者までの作業に向いています。

ただし高価なのでコストがかかります。

ラテックス手袋は滑りにくく柔軟性が高く手の動きに馴染みやすく丈夫なため長時間の作業にも最適です。伸縮性、作業性にも優れていますし、食品にも使用できます。
水仕事や洗車など、ガーデニングやDIY、清掃やゴミ処理などに向いています。また衛生作業や少し尖っている物を扱う作業にもオススメです。

ただし油や薬剤や溶剤には弱いです。また、天然ゴムアレルギーの方やゴムのニオイが気になる方は合成ゴムの手袋をオススメします。値段は普通です。

ニトリル手袋やゴム手袋には粉付きと粉なし(パウダーフリー)とがありこの粉というのがとうもろこしから出来たコンスターチが使ってあります。

着脱のしやすさや、製造過程の型から外しやすいようにと使ってあるのですが、コンスターチ自体がアレルギーの原因になることは少ないのですが、粉付きの手袋を使って粉により肌が乾燥し肌荒れをおこす人がいます。

これは手袋というより添加薬品などに反応してだと考えられます。ですから今は粉なし(パウダーフリー)がよく使われるようになりました。最近はニトリル手袋は着脱がしやすいように手袋の内側を加工しています。

まとめ

いかがでしたか?
今回ニトリル手袋とゴム手袋の違いについて調べた結果

ニトリル手袋は合成ゴムで出来ていて、一般的に言うゴム手袋とは違う
一般的にゴム手袋というのは天然ゴムで出来ているラテックス手袋である

ニトリル手袋はゴム手袋ではないので、ゴムアレルギーの人も安心して使える

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログに戻る