エアコンクリーニングの効果やメリットについて

エアコンクリーニングの効果やメリットについて

エアコンクリーニングの効果

エアコンのフィルターが汚れると、エアコンの空気を吸い込んだり、吹き出したりする力の両方が弱まってしまい、同じ温度設定でも効きが悪くなります。よってエアコンがキレイにクリーニングされていたら、効率的に空気が循環されエアコンの効きが良くなります

また、エアコン内が汚れていると冷暖房調整をするのに負荷がかかり、余計な電力を消費して電気代が高くなります

エアコンクリーニングのメリット

フィルターを通過して本体内部に汚れが蓄積されると、エアコンの効きが悪くなり電気代が多くかかってしまうので、クリーニングで内部をきれいにすることで電気代が節約できます

 

内部の汚れをそのままにしておくと、エアコンをつけたとき風と一緒に汚れが室内に充満して、咳やくしゃみなどが起こります。エアコンクリーニングをすることによって体調不良やアレルギー症状を減らす事ができます。

 

エアコンのフィルター掃除だけでは取れない汚れが内部に溜まり、カビも繁殖し続けます。この繰り返しで悪臭はますますひどくなり、汚れもどんどんこびりついて、いずれはエアコンの故障の原因にもなります。エアコンを定期的にクリーニングすることで悪臭もなくなり故障も起きにくくなります

 

結果、定期的に内部クリーニングをしていれば常にきれいな状態で清潔に使い続けられ、エアコン本体の寿命も伸びるというわけです。

 

エアコンクリーニングをしないとどうなるか

・エアコンから汚れが吹き出す

エアコンの風が吹き出すとき、吹出口付近に溜まったホコリを一緒に吹き出してしまうので、咳き込みや喉のイガイガなどの症状を引き起こす原因になる場合もあります。鼻炎やアレルギー症状のある人は注意が必要です。

 

冷房の運転時に上昇した内部の湿度が原因でカビが発生し、エアコン運転の時にはホコリ同様風と一緒に吹出され、体調不良や肺炎を引き起こしてしまいます。

また、カビを含むチリやホコリを吸い込見続けることでアレルギー症状を引き起こす原因にもなります。

 

・水漏れしやすくなる

フィルターに汚れが溜まってくることによって、だんだんエアコンの効きが悪くなってきて、冷房運転をしていてもなかなか涼しくなりません。そうするとどうしても設定温度を下げてしまいます。

 

それによってエアコン内部が急激に冷やされて結露が多く出ます。また、エアコン内部の熱交換器(アルミフィン)に溜まった汚れでも、結露は発生しやすくなります。

 

この結露によって発生した水分がしっかりと排出されなくなると、内部に溜まった水分の排水が追いつかずに、いろいろなところから漏れ出てしまいます。

 

熱交換器はフィルターと違って簡単に掃除することができないのでエアコンクリーニングを業者に頼みましょう。

 

・エアコンの寿命が短くなる

エアコンの内部に汚れが溜まることにより、カビの発生や水漏れが起こり故障などの可能性が高まり、故障が繰り返されエアコンが長く使えなくなってしまいます。

 

また、フィルターの汚れにより運転に過剰な負荷がかかり、エアコン本体の消耗の原因になり、やはりエアコンが長く使えなくなります。

 

 

まとめ

エアコンクリーニングとは業者さんに頼んで、エアコンをキレイに掃除してもらうことですが、誰でもできるエアコン掃除もある。

 

日頃から自分でエアコン掃除をやることによって、エアコンクリーニングを業者に頼む頻度を減らせる。

 

その場合は業者に頼むのは12年に1回でいい。

 

エアコンクリーニングをやればエアコンを長持ちさせる。

 

普段から自分でできるエアコン掃除を定期的にやると、エアコンの電気代の節約にもなる。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログに戻る